手びねりで焼き物を作る

陶芸教室に通いたいと考えている皆さんの中には、ろくろを触るのが楽しみと考えている方も多いと思います。
確かにろくろは陶芸の醍醐味の一つですが、ろくろを回す以外でも焼き物を作る方法は存在するのです。
今回は手びねりという方法で焼き物を作る過程について詳しくご紹介します。

手びねりとはろくろを使うことなく自分の手で器の形を作り上げる工程を表します。
手びねりにはいくつかの種類がありますが、初心者にも挑戦しやすいのが紐作りと呼ばれる製法です。
紐作りでは回転させないろくろの上に土台となる粘土を固定することから始まります。

土台として使用する粘土は熱さが1センチ程度になるまで押し広げましょう。
ここからが紐作りにおいて重要なプロセスです。
粘土を細長く伸ばしたものを積み重ねるのが紐作りという名前を所以です。

あらかじめ紐状に伸ばしておいた粘土を、土台として活用している粘土の上に重ねます。
粘土を重ねた後は、つなぎ目が見えなくなるように指やヘラで合体させましょう。
このとき、円筒状の焼き物を作るのであれば、中心に窪みを作っておくと後の作業が楽になります。

一段目の紐を重ね終えたら、次は二段目、三段目と同じように作業を繰り返してください。
つなぎ目が残らないように伸ばすのはもちろんのこと、器の形状に合わせて内側にも手を入れるのを忘れないようにしてください。
茶碗のような形の焼き物を作る際には、段々と広がっていくように重ねていく紐の長さを調節する必要があります。

同時に、粘土の厚みを均一にすべくヘラや指で均す作業も並行しましょう。
こうして成形作業を終えた器は、ろくろの中心から糸で切り離します。
その後は乾燥させて、崩れない程度まで乾いたら高台を削っていきましょう。

ろくろの中心に逆さになるように生乾きの焼き物を置いて、カンナと呼ばれる道具を用います。

削りの作業は焦ってしまうと見た目だけでなく使い勝手も悪い焼き物になってしまうので注意が必要です。
高台を削る際には、全体像を確認しながら焼き物のフォルムのバランスを取ります。
削り過ぎると穴が開いてしまいますが、削らないままでいると不格好な印象に落ち着いてしまうため、経験を積んで自分なりのやり方を身に着けていくのが一番です。
ここまで作業を終えたら、後は釉薬や絵付け、焼成といった工程を経て焼き物が完成します。
ろくろに比べるとスピード感では劣りますが、丁寧に紐を積み上げていく作業は一度体験したら癖になることでしょう。

陶芸教室に通おうと考えている人は、ぜひ手びねりでの焼き物作りにも挑戦してみてください。